ブランド牛大百科

ブランド和牛 > ブランド和牛を牛の種類から探す

ブランド和牛を牛の種類から探す

黒毛和種


ブランド和牛として最も飼育当数が多いのが、黒毛和種で、日本国内で飼育される和牛の95%を黒毛和種が占めます。
お肉の色は鮮やかな赤色で、その中に細かな霜降り(サシ)が入ります。肉質は極めが細かくとっても柔らかく、世界最高とも言われています。

黒毛和種一覧を見る

褐色和種


褐毛和種とは、熊本県と高知県で飼われていた朝鮮牛を基礎とした赤牛に、明治以降にシンメンタール種や朝鮮牛を交配し、改良した品種です。
黒毛和牛が霜降りを楽しむお肉であるのに対し、褐色和種は、赤みを楽しむお肉とも言われます。

 

日本短角種


日本短角種は、東北北部原産の在来種に、アメリカから輸入されたショートホーン種とデイリー・ショートホーン種を交配して改良された肉用種です。
日本国内で飼育される肉用種のうち日本短角種はわずか1~2%とかなり少なく、非常に希少性が高いお肉です。

無角和種


無角和種は、山口県でしか生産されていない大変貴重でかつ珍しい牛です。
出荷当数が毎月わずか3、4頭程度ということからも、希少性が伺えます。
肉は赤身がおいしく、健康と美容の面からも注目されています。

 

和牛間交雑種


和牛間交雑種とはその名の通り、日本短角種、褐毛和種、黒毛和種の和牛又は黒毛和種を父牛とする和牛間を交雑した牛です。黒毛和種とその他の種を交雑することにより、品質を改善することが交雑のねらいです。

交雑種


交雑種は、和牛と乳牛を掛けあわせた交雑種です。
肉質や味の面で優れた和牛の特長を残しながら、乳牛の生育の早さと価格のやすさを持った牛です。

 

ジャージー種

ジャージー種は、基本的に乳牛として扱われ、主に岡山県や北海道で飼育されています。
一部は肉牛として出荷されますが、頭数は多くありません。

ホルスタイン種

ホルスタインといえば、黒白の斑が特徴の、日本で最も多く生育されている牛です。主に乳牛として生産されていますが、肉食用としても供されています。