ブランド和牛 > 北海道 > Do-Beef北海道ビーフ

Do-Beef北海道ビーフ

Do-Beef北海道ビーフは、北海道で肥育された、乳用種肥育牛の総称です。
牛の種類としては乳牛種ですが、生まれてからすぐに牛肉生産のために肥育されている肥育牛です。

北海道での牛の肥育は、明治初期の北海道への入植時代から始まりました。
以降、様々な研究が重ねられ、多くの飼養ノウハウが蓄積されました。
北海道ではホルスタイン種が100万頭飼育されています。その内の半数から雄牛が生み出され、仔牛の頃に去勢牛となります。
この去勢牛が室のが高い赤みを持った肉牛として育てられます。と技術を中心に、効率よい肉牛生産が行われています。

北海道ではたくさんの乳用種肥育牛が育てられています。
例えば、

 

など。
これらはすべてDo-Beef北海道ビーフです。

Do-Beef北海道ビーフの生産地、北海道は、牛は耐寒性が強く、高温多湿に弱いという性質を持った牛にぴったりの生育環境です。
日本で唯一梅雨がなく、四季を通じて湿度の少なさと適度な気温を保つ北海道は、牛にとってこの上ない好環境の地と言えます。
のびやかに広がる豊かな自然、クリーンな空気と澄んだ水、そして栄養豊富な牧草。この恵まれた環境こそが、高品質な肉牛づくりに欠かせない大切な力となっています。

生育環境まかせにするのではなく、安全と品質にもこだわりを持っています。
例えば、BSEの原因とされる肉骨粉の飼料を全面禁止しているのみならず、すべての動物性飼料を使わず飼育しています。

また、飼育方法にも工夫があります。肉牛は生育の段階によって、必要な栄養素が異なるたるめ、生育期に応じた飼料を与えています。
体に脂肪がつき始めて、丸みをおびてくる時期からは、牛舎内で、より栄養価の高い配合飼料を食べさせるようにします。

Do-Beef北海道ビーフとは?ブランドに認定される条件

日本国内で生まれ、北海道内で育った牛肉でかつ、概ね24ヶ月齢の肥育向けに育てられた牛がDo-Beef北海道ビーフです。

牛の種別:ジャージー種, ホルスタイン種, 乳用種

ジャージー種は、基本的に乳牛として扱われ、主に岡山県や北海道で飼育されています。一部は肉牛として出荷されますが、頭数は多くありません。