ブランド和牛 > 岩手県 > 玄米育ち岩手めんこい黒牛

玄米育ち岩手めんこい黒牛

「岩手めんこい黒牛玄米育ち」は名前の通り、玄米を食べて育った牛です。
飼料中には玄米を5%以上配合しているのでオレイン酸が多く含まれています。
このため、脂肪の融点が低く、口どけがなめらかな牛肉となっています。
もちろん試料には抗生物質や成長ホルモン剤は添加されていません。

牛の種類は交雑種です。
霜降りとお肉の柔らかさが際立つ黒毛和種と、生育が早い乳用種を交配したものです。

玄米育ち岩手めんこい黒牛とは?ブランドに認定される条件

玄米育ち岩手めんこい黒牛の定義は以下のとおりです。

  1. 品種:黒毛和種×乳用種の交配牛の去勢であること。
  2. 産地:最長飼養地が岩手県内であること。
  3. 飼育方法飼料中の玄米比率が5%以上であり、地元農業の活性化に寄与しておりかつ愛情をもって育てられていること。

 

牛の種別:交雑種

交雑種は、和牛と乳牛を掛けあわせた交雑種です。肉質や味の面で優れた和牛の特長を残しながら、乳牛の生育の早さと価格のやすさを持った牛です。