江刺牛

岩手県奥州市には、なんと牛肉だけで3種類もの銘柄があります。
元々岩手県は短角種が盛んでしたが、江刺区では1960年代から兵庫県より導入された素牛をベースに黒毛和種の肥育を開始しました。
黒毛和種のお肉は霜降りが美しく、とても柔らかいので味は大変まろやかです。

江刺牛とは?ブランドに認定される条件

品種 黒毛和種 規格 日格協規格 4等級以上
※最長飼養地が奥州市江刺区内で、岩手江刺農協へ出荷した肥育牛

牛の種別:黒毛和種

ブランド和牛として最も飼育当数が多いのが、黒毛和種で、日本国内で飼育される和牛の95%を占めます。肉質はとても柔らかく、世界最高とも言われています。