ブランド和牛 > 岩手県 > 岩手しわ牛

岩手しわ牛

岩手しわ牛は、岩手県紫波郡紫波町を中心としたJAいわて中央管内で肥育される黒毛和種です。
飼料には、もち米「ヒメノモチ」のワラと細かく砕いた「ヒメノモチ」の米を配合しています。
もち米を与えることにより脂肪の溶ける温度が低下し、お肉の味が甘くなるとされています。

もち米を飼料として育てられる牛は全国的にも珍しく、とても希少であると言えます。

岩手しわ牛とは?ブランドに認定される条件

JAいわて中央管内で肥育された牛で、枝肉でと畜された3等級以上の牛を岩手しわ牛と呼びます。

牛の種別:黒毛和種

ブランド和牛として最も飼育当数が多いのが、黒毛和種で、日本国内で飼育される和牛の95%を占めます。肉質はとても柔らかく、世界最高とも言われています。