ブランド和牛 > 北海道 > 大雪高原牛

大雪高原牛

大雪高原牛は、北海道上川町内で飼育されるホルスタイン種です。
生後から出荷までを通して自家無農薬有機牧草、無農薬非遺伝子組替コーンなどの飼料を使用している安全な飼育体制です。

大雪高原牛のふるさと大雪牧場は、上川町の中心部から東に10キロ、標高650メートル程度の場所にあります。
寒さには一方暑さには苦手なホルスタイン種にとっては、大雪牧場は生育にとてもいい環境です。

大雪高原牛とは?ブランドに認定される条件

上川町内で飼育された素牛にて(有)グリーンサポートが肥育した乳用種肥育牛が大雪高原牛として認定されます。
出荷年齢は21月齢前後、出荷体重は700~750kgです。

牛の種別:ホルスタイン種

ホルスタインといえば、黒白の斑が特徴の、日本で最も多く生育されている牛です。主に乳牛として生産されていますが、肉食用としても供されています。