北見牛

北見牛は、北海道の東に位置する、オホーツク圏の産業・文化の中核都市・北見市で肥育されるのが、「オホーツク発」のホルスタイン牛です。
オホーツク海に面した、緑豊かな大地と穏やかな気候、新鮮で豊富な水資源に恵まれた北見市は、牛の生育環境にとても適しています。
地元の優良な乾牧草及び麦稈(ばっかん)を与えることで、牛たちの健康な体づくりを行っており、現在、年間約5,000頭が西日本を中心に流通されています。

また、市内には焼肉店の数がたくさんあり、毎年「北見厳寒の焼き肉まつり」というイベントが開催されるほどの「肉の本場」です。
北見牛のお肉は赤身が多く柔らかい肉質が特長で、焼肉用のお肉としてとても美味しく食べることができます。

北見牛とは?ブランドに認定される条件

網走管内で肥育され、主に(株)北海道畜産公社 北見事業所にて「と畜・加工」を行い販売されている牛肉

牛の種別:ホルスタイン種

ホルスタインといえば、黒白の斑が特徴の、日本で最も多く生育されている牛です。主に乳牛として生産されていますが、肉食用としても供されています。

北見牛を食べる・通販で探す

北見牛は、関西のスーパーマーケットチェーン(株)近商ストアに卸されており、ネットでは購入することができない貴重なお肉です。