前沢牛

前沢牛は、東北を代表するブランド和牛の一つです。
肥育地は、岩手県奥州市の前沢区。
前沢区は元々稲作の産地であり、濃厚・運搬用と添え肥育されていた牛馬が電動力耕うん機の導入により肉用肥育牛として飼育されるようになりました。
しかし出荷当初の前沢牛の評判は決して芳しいものでは買ったことから、種牛に兵庫牛を、繁殖牛に島根牛を導入しました。

おいしいお肉の誕生は、素牛のよさだけに起因するものではありません。
肥育技術の向上のために牛の出荷日にあわせて勉強会を開き、年100回、延べ人数では1,000人以上の人が集まり、よりよいお肉のための勉強を行っております、
こうした生産者同士の交流などが前沢牛発展の原点となりました、

こうした努力研鑽の結果、昭和53年には東京食肉市場の通常出荷で、枝肉販売価格で当時の日本一の記録を樹立しました。
そして後に、全国枝肉共励会において名誉賞を4度受賞するなど、数多くの牛肉品評会で優秀な成績を収めるようになり、前沢牛の名声が知れ渡りました。

前沢牛は今では一流のブランド牛として広く知れ渡っています。

前沢牛の美味しさの秘密

美味しさの秘密の一つは粗飼料のよさです。
前沢区は良質な米の産地で、飼料には困りません。
牛の成長に合わせて適度に稲わらを与えることによって、見事な霜降り肉を作り出すことに成功しています。

前沢区という場所のよさも牛にとって好条件の一つです。
穏やかで冷涼な盆地ならではの気候が、暑さに苦手な牛にとって最高な条件となっています。

お肉の特徴は、上品できめ細やかな霜降りです。
お肉の柔らかさとしっとり感も大きな特徴です。
例えば、ロースを指の上に乗せると自然に沈んでいきます。
これは脂の質が素晴らしい証拠で、肌の上でも肉質のよさを感じることができます。

前沢牛とは?ブランドに認定される条件

前沢牛の定義は下記のとおりです。

  1. 岩手県奥州市前沢区に住所を有する者及び前沢区に所在地のある法人が、前沢区内で肥育し生産した牛であること。
  2. 岩手ふるさと農業協同組合を経由して販売されたものであること。
  3. 黒毛和種に限るであること。
  4. 牛の出生地は、全国和牛登録協会発行の子牛登記証、又はこれに準ずる証明書等により出生地が確認できるものであること。
  5. 牛の肥育期間は、生産者が1年以上飼養した牛であって、出生から屠畜までの期間内において前沢区内の飼養期間が最長であり、かつ最終飼養地であること。
  6. 生産者は、牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法(いわゆる「牛トレーサビリティ法」)の趣旨を遵守するとともに、素牛導入、飼養管理状況について記録し、確認できる状況であること。
  7. 枝肉の格付基準が、社団法人日本食肉格付協会の定める肉質等級は「4」以上で、歩留等級が「A」又は「B」であること。

牛の種別:黒毛和種

ブランド和牛として最も飼育当数が多いのが、黒毛和種で、日本国内で飼育される和牛の95%を占めます。肉質はとても柔らかく、世界最高とも言われています。