ブランド和牛 > 北海道 > はやきた和牛

はやきた和牛

はやきた和牛は、北海道勇払郡安平町早来大町で育成される黒毛和種の牛です。
育成牛は放牧主体で、厳寒期を除く通年を広大な牧草地で育ちます。

放牧された牝牛のうち、出産が近づいたものはいったん牛舎へ戻されて分娩に備えた準備をします。母牛の初乳には子牛が必要な免疫が含まれていることから、初乳を逃さないよう管理者が注意を払っているとのことです。
元気に成長した子牛は3ヶ月目に離乳して、穀類を中心とした無添加の配合飼料や乾草で肥育されます。食肉として出荷される生後28ヶ月頃まで細かな飼料のコントロールを行い、体格の良い牛に育てるように努めているとのことです。

鈴木牧場では、徹底管理のために飼育頭数を限定し、小規模経営を行っています。
それゆえ、年間出荷等数が極めて少なく、希少な黒毛和牛となっています。

また、出荷される肉の格付等級は3級以上で、黒毛和種であることもあることから、高級和牛と格付けするのにふさわしいブランド和牛です。

はやきた和牛とは?ブランドに認定される条件

はやきた和牛と認定されるには、高級和牛の名にふさわしい大変厳しい条件をクリアしなければなりません。

  1. 黒毛和種であること。
  2. はやきた和牛生産組合が定めた指定配合飼料が給与されていること。
  3. JAとまこまい広域管内で肥育されていること。
  4. JAとまこまい広域管内での肥育期間が最長であること。
  5. 格付等級が3等級以上であること。

牛の種別:黒毛和種

ブランド和牛として最も飼育当数が多いのが、黒毛和種で、日本国内で飼育される和牛の95%を占めます。肉質はとても柔らかく、世界最高とも言われています。

はやきた和牛を食べる・通販で探す

はやきた和牛は希少な黒毛和牛で、北海道以外の市場に出回ることはほとんどありません。
ごく稀に大都市のデパート等で販売されることもありますが、手に入れることが難しい高級和牛です。