ブランド和牛 > 北海道 > はこだて和牛

はこだて和牛

はこだて和牛は、北海道木古内町で生産されている褐毛和種(あか牛)です。
はこだて和牛の産地木古内町は、北海道の道南、津軽海峡に面した町で、北海道にしては温暖で降雪量が多い地域です。
気候がもたらす緑の大地、清らかな水、澄んだ空気など、はこだて和牛は豊かな自然の恵みたっぷりと受け育っています。

はこだて和牛を肥育する際に使われる粗飼料は乾牧草、稲わら主体です。
濃厚飼料には穀類、そしてビール粕などが使われています。

飼育される牛は、いわゆる「あか毛和牛」と呼ばれる褐毛和種です。
あか毛和牛のおいしさは、赤身の柔らかです。はこだて和牛は、その上品な風味を手頃な値段で味わえる牛肉です。

はこだて和牛とは?ブランドに認定される条件

新函館農協管内で肥育された褐毛和種がはこだて和牛として定義されています。
食肉としての格付けは、2等級以上です。

牛の種別:褐毛和種

毛色は淡褐色または赤褐色の肉専用種で、「あか牛」とも呼ばれます。黒毛和牛が霜降りを楽しむお肉であるのに対し、褐色和種は赤みを楽しむお肉とも言われます。

はこだて和牛を食べる・通販で探す

はこだて和牛は北海道外ではほとんど食べることができない貴重な和牛です。
道外で味わうなら、ネットでの購入が一番手早いです。