ブランド和牛 > 北海道 > いけだ牛

いけだ牛

いけだ牛は、十勝ワインの故郷、池田町で肥育される褐色和種です。地元池田町では、「あか牛」と呼ばれています。
いけだ牛は、霜降りはそれほど多くありませんが、その代わりに赤身ならではの味わいを楽しむことができるのが特徴です。

ユニークな、いけだ牛の飼育方法

池田町の特産物であるワインを醸造する際にできる澱を飼料として与えるというユニークな飼育方法がいけだ牛の大きな特徴です。
ワインの澱は栄養価が高いとされており、ユニークな飼育方法は関連団体からも注目されているとのことです。

いけだ牛とは?ブランドに認定される条件

北海道池田町内で生まれ、池田町にて営農する農家により肥育牛まで飼養管理され、池田町内で部分肉までに加工された褐毛和種のみが、いけだ牛とされます。

牛の種別:褐毛和種

毛色は淡褐色または赤褐色の肉専用種で、「あか牛」とも呼ばれます。黒毛和牛が霜降りを楽しむお肉であるのに対し、褐色和種は赤みを楽しむお肉とも言われます。

いけだ牛を食べる・通販で探す

いけだ牛は出荷頭数が少なく、北海道外での販売・流通量は非常に少なくなっており、大都市以外では購入、外食とも難しいのが現状です。

北海道外での小売りは行っていないので、自宅で食べたい場合には、インターネットでの購入が簡単です。