ブランド和牛 > 青森県 > あおもり倉石牛

あおもり倉石牛

あおもり倉石牛は、豊かな自然に恵まれた、青森県五戸町倉石で肥育される黒毛和牛です。
元々倉石地区では乳用種の生産が主体でしたが、牛肉の自由化に対応するため、ブランド和牛としての黒毛和種への転換をはかりました。
その中で産まれたのが、あおもり倉石牛です。

生産牧場はわずか8戸、年間出荷頭数はわずか300頭。
そのため、あおもり倉石牛は、知名度こそそれほど高くありませんが、ブランド和牛としての受賞歴も高く、平成20年度には、全国肉用牛枝肉共励会で名誉賞受賞も受賞しています。

あおもり倉石牛とは?ブランドに認定される条件

以下の基準を満たした黒毛和種のみあおもり倉石牛として出荷されます。

 

  1. 肥育期間は概ね20ヶ月であること。
  2. 肉重量は概ね350Kgであること。
  3. 規格・格付けは日本食肉格付協会の歩留等級「A・B」、肉質等級「4・5」であること。

牛の種別:黒毛和種

ブランド和牛として最も飼育当数が多いのが、黒毛和種で、日本国内で飼育される和牛の95%を占めます。肉質はとても柔らかく、世界最高とも言われています。